新日鉄堺

近鉄バファローズから米国メジャーリーグのロサンゼ
ルス・ドジャースに移籍し、日本人メジャーリーガーの
パイオニアとして活躍した野茂英雄が、近鉄入団前に所
属していた社会人野球チームの当時のチーム名は新日鉄堺です。
近鉄バファローズからメジャーリーグへ移籍し、独
特のトルネード投法で日米通算201勝を挙げた投手、野茂英
雄。 1968年(昭和43)、大阪市生まれ。成城工業高校(現成
城高校)時代には甲子園出場はかなわなかったが、2年時
に大阪府予選で完全試合を達成した。卒業後は、新日鉄堺
でノンプロ選手として活躍、チームを都市対抗野球大会出
場に導き、ソウル五輪でも活躍して銀メダルを獲得した。
1989年のドラフト会議では、当時、史上最多の8球団が
野茂を1位指名し、抽選で近鉄・仰木彬監督が野茂を引き
当てた。近鉄では、1990年からの5年で78勝を挙げ、その
間の奪三振は1204。 4年連続の最多勝と最多奪三振の記録
を打ち立て、「ドクターK」の愛称を得る。 1995年にメジャ
ー挑戦。ロサンゼルス・ドジャースなどで活躍し、2008年
に引退するまでの14年間で123勝を挙げた。引退後は、社会
人野球チーム・NOMOベースボールクラブを運営してい
る。

Prev Next