北川博敏

2001年(平成13年)、大阪近鉄バファローズは、ある選
手の代打逆転サヨナラ満塁優勝決定ホームランで、最後
の優勝を遂げました。 2012年(平成24年)引退するまで
活躍したこのプロ野球選手は北川博敏です。
近鉄バファローズは、1949年(昭和24)、近鉄パー
ルスとして創立され、2リーグ分立のシーズン(1950年)
からパリーグに参戦した。日生球場、藤井寺球場、大阪ド
ーム(現京セラドーム)と時代により本拠地は移ったが、
大阪に密着したチームとして南海ホークスと人気を分け合
った。 2004年のプロ野球再編に際し、長い歴史に幕を閉じ
た。リーグ優勝は4度果たしたが、その最後は2001年で、
9月26日のオリックス戦で北川博敏が代打逆転サヨナラ満塁
本塁打を放ち、優勝を決めた。北川は、阪神、近鉄、オリ
ックスで通算18年活躍した内野手・捕手で、2012年に引
退。 2013年に、オリックスのコーチに就任した。

Prev Next